背中痩せと腕の体操

背中痩せの体操やエクササイズを行うと、実は腕や二の腕などを引き締める効果も
あるみたいですよ。

女性にとってこの効果は、とっても嬉しいものになりますよね。

背中痩せしたすっきりとした背中から、引き締まった二の腕と腕にかけての美しい
ラインは、女性の美しさの象徴にもなりえますから。

実はこのライン、意外と男性が美しいと思って思わずドキっとしてしまうラインでも
あるようです。

では、そんな背中美人になるために、しっかりと背中痩せして美しいスタイルを目指
していきましょう。

ここで紹介する背中痩せの体操はダンベルを使った体操になりますので、できれば
2〜3キロのダンベルを用意してみてください。

筋肉をつけるのが嫌な方や、ダンベルがない方は、ペットボトルなどに水を入れた
もので代用してみるのもいいかもしれません。

@肘を90度くらい曲げるくらいの感じでダンベルを持ち上げます(両腕)

Aその状態から胸を突き上げるような感じで後ろにひねります

B元の状態に15秒から20秒くらいかけてゆっくり戻します

この体操を左右合計で20回を目安に行ってみてください。

最初から無理をする必要は全然ありませんが、慣れてきたら回数を増やすなどの工夫
をしてみてくださいね。

この背中痩せ体操もじっくり長く継続してみてくださいね。

背中痩せエクササイズ

まず、背中痩せエクササイズに入る前に、ご自分の姿勢を確認してみてください。

もし、ご自分の背中が猫背になっていたりしたら、それは背中痩せには良くない姿勢
ですので、まずは日々の生活の中で正しい姿勢でとるように心がけてくださいね。

と言うのも、この猫背っていうのは背中に脂肪が溜まりやすい姿勢なんだそうで、
何より背中が曲がっていると、実際の年齢以上に見られてしまうこともあります。

背中痩せの第一歩は正しい姿勢から。

それでは、背中痩せエクササイズの方法を紹介していきます。

まず、背中痩せエクササイズでは、背中の筋肉、つまり背筋を引き締めることが大切で、
懸垂やボートのオール漕ぎなどはとっても効果的みたいですよ。

でも、そのようなエクササイズは自宅で簡単にできるものではないので、ここでは
もっと簡単な方法を紹介します。

@両腕を広げた状態で床にうつ伏せになります

Aまっすぐに向き床からちょっとアゴを離す状態にします。首が横にならないように
注意してください

B広げた腕をまっすぐ伸ばしたまま上に上げます(肩甲骨を合わせるような感じ)

C上げた腕をゆっくり元の状態に戻します

このBからCのエクササイズを毎日15回から20回くらいを繰り返しておこなうと効果的
みたいですよ。

ですが、まずはあまり無理をせずに、できる回数から繰り返してみてください。

背中痩せも他のダイエットと同じように「継続は力」なりです。

エステや美容整形での背中痩せ

正しい食生活や効果的な有酸素運動、そして、ストレッチやエクササイズなどの体操
を上手く組み合わせることで背中痩せはできるようですが、エステや美容整形などで
背中痩せする方法もあるみたいですよ。

では、エステや美容整形では、一体どのような背中痩せをするのでしょうか。

エステでは、自分では中々落せない背中の汚れやセルライト、溜まってしまった
老廃物を洗浄やマッサージなどで取り除いてくれるのが一般的のようです。

その他にもリンパの流れを改善するマッサージを行ってくれたり、背中のお肌の状態を
良い状態に保つため、保湿や美白効果のある背中パックをしてくれたりと、背中痩せ
だけでなく、トータル的な背中エステをしてくれるとこもあるみたいですね。

そして、美容整形での背中痩せは、脂肪吸引という手術を行うことが多いようです。

これは文字通り、背中の脂肪をカニューレと呼ばれる細い管で吸引していく背中痩せ
の方法です。

以前は失敗例もあったようですが、最近は傷口もほとんどわからないくらいになるほど
技術の進歩が見られるとのことです。

ですが、エステや美容整形での背中痩せは、高額な料金がかる場合や、それなりの
覚悟が必要だったりする場合もあるので、まずは身の回りを見つめて、ご自分でできる
範囲の背中痩せの方法をとってみたほうがいいかもしれませんね。